検索キーワード履歴

    巻線型可変抵抗器

    可変抵抗器 (別名ポテンショメータ)は、 回路内の抵抗をある程度制御できます。これにより、他のタイプの固定抵抗器を上回る利点が得られます。 得られる利点は、ニーズによって異なります。

    可変抵抗器は、固定抵抗素子、 及び素子に沿って動かせるスライダで構成されています。これにより、回路の抵抗が変化します。 通常は、外部で制御されます。

    可変抵抗器の用途

    可変抵抗器は、主にTVやラジオの音量調整に使用されます。調光器の一部としても使用され、 間接的に照明のレベルを調整できます。

    可変抵抗器の種類

    可変抵抗器は、素材によって大きく異なります

    • 巻線型可変抵抗器は、抵抗線のコイルを使用して、 最高の性能を発揮します。
    • サーメット可変抵抗器は、セラミック及び金属でできています。高温にも耐えられ、 トリマ抵抗器でよく使用されています。
    • 炭素系可変抵抗器は、 汎用抵抗器として優れているため、最も一般的に使用されるタイプです。
    • 導電性プラスチック可変抵抗器は、導電性プラスチックインクが使用されており、 低ノイズ出力となっています。
    絞り込み
    並び替え
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数