型番
電子部品、電源、コネクタ
電気、制御部品、ケーブル
機械製品、工具
IT、テスト、安全機器

抵抗アレイ

抵抗アレイ(別名アレイ抵抗器)は、固定抵抗器の一種で、 電流を制限するために、また特定の値に設定されている抵抗を変更できない場合に、電気回路でよく使用されるデバイスです。抵抗器は、他の回路コンポーネントの損傷や破損を防止するために役立ちます。

抵抗アレイの仕組み

抵抗アレイは、複数の抵抗器を組み合わせて、あるパターンに構成したものです。ほとんどのアレイ抵抗器では、直列接続された抵抗器を使用していますが、 一部の抵抗アレイでは、並列又は直列並列設計で抵抗器を使用しています。

抵抗アレイの用途

抵抗アレイは、複数の抵抗器の一端を回路の同一ポイントに接続する必要がある場合に便利です。電子用途で広く使用されています。最も一般的な用途は、次のとおりです。

  • 家庭電化製品及びコンピュータ
  • アナログ-デジタル及びデジタル-アナログ変換
  • 電源用電圧分配器

ネットワーク抵抗器

ネットワーク抵抗器は、複数の抵抗器を組み合わせて、あるパターンに構成したものです。電子回路で使用され、電流の流れに抵抗し、電気機器での電流の安全性を維持します。はんだ付けで他のコンポーネントに接続できます 。

ネットワーク抵抗器の仕組み

ネットワーク抵抗器は、ある端子から別の端子に流れる電流の電圧を落とすように設計されています。その結果、 電子回路が衝撃、 熱、湿気から保護されます。また、アナログ-デジタル変換及びデジタル-アナログ変換に 電圧分配器として、又はコンピュータで使用できます。

ネットワーク抵抗器の種類

ネットワーク抵抗器には複数の種類があります。いくつかを以下に示します。

  • 1列ピン - 絶縁された、 個々の抵抗器が、 それぞれ2本のピンに接続されています。又は、1本のコモンピンがあり、すべての抵抗器が残りのピンにバス接続されています。
  • 2列ピン - 絶縁された、 個々の抵抗器が、それぞれ2本の隣接ピンに接続されています。又は、1本のコモンピンがあり、すべての抵抗器が残りのピンにバス接続されています。2列ピンでは、絶縁された、 個々の抵抗器がそれぞれ2本の隣接ピンに配置されている場合もあります。

抵抗、 許容差及び最大動作電圧はすべて同等です。

絞り込み
並び替え
ページ
1
/
0
1ページの商品数
ページ
1
/
0
1ページの商品数