検索キーワード履歴

    D/Aコンバータ

    デジタル-アナログコンバータは、他の機器で認識できるようにデジタル信号をアナログ出力信号に変換するデバイスです。

    DACは、オーディオ産業で最も使用されています。デジタルオーディオ信号(バイナリコード)はアナログ信号に変換され、次の機器又はヘッドホンアンプで捕捉できるようになります

    デジタル-アナログコンバータの機能

    オーディオデジタル-アナログコンバータは、高音質のデジタルオーディオをキャプチャして、ラインレベルの出力アナログ信号に変換します。逆に、 アナログからデジタルへの変換を目的とする場合は、 オーディオADCコンバータを使用する方法が最適です。

    ビデオデジタル-アナログコンバータは、デジタルビデオデータをアナログビデオ信号に変換するために使用される、高周波、低∼中解像度タイプのデバイスです。

    D/Aコンバータの種類

    • R-2RラダーDAC - このDACは、抵抗値R及び2Rが繰り返しカスケード接続されているバイナリコンバータです。R-2Rを使用すると精度が向上します。
    • スイッチドキャパシタ - スイッチドキャパシタには、並列コンデンサ回路網があります。
    • スイッチド抵抗器 - 並列抵抗器システムが入っています。抵抗器は、デジタル信号に応じて有効化又はバイパスされます。
    • スイッチド電流源 - 入力デジタル信号に基づいてさまざまな電流源が選択されます。

    用途

    オーディオデジタル-アナログコンバータは、次のような用途で広く使用されています。

    • オーディオ用途向けのコンバータ
    • デジタル音楽システム
    • PCサウンドカード

    ビデオデジタル-アナログコンバータには、次の用途で使用されています。

    • 携帯電話
    • テレビ
    • デジタル無線変調
    絞り込み
    並び替え
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数