検索キーワード履歴

    スルーホール抵抗器

    スルーホール抵抗器は、回路内の電流の流れを減らすために使用されます。固定抵抗器として、 所定の値(電圧範囲の適合性)があり、 電圧範囲の値を調整できる可変抵抗器とは異なります。

    スルーホール抵抗器は、一般的な用途向けは金属皮膜で、高許容差が求められる機器向けは炭素皮膜で構成されています。 長く、 柔軟性の高いリードが付いており、それが基板の穴に(自動又は手動で)挿入されます。

    スルーホール抵抗器の用途

    スルーホール抵抗器は、自動車、 電気通信、医療機器の産業で使用されます。はんだ付けを必要としない、大型回路基板や試作プロジェクトに最適です。

    スルーホール抵抗器の種類

    最も一般的なタイプのスルーホール抵抗器は、巻線及びアキシャルコンポーネントです。

    • アキシャルパッケージは、フラットプロファイルのものと円筒形又は両端にリードが付いたボックス形のものがあり、距離が短い用途に使用されます。
    • 巻線型抵抗器は、金属ワイヤをセラミック製、 プラスチック製又はガラス繊維製のコアに巻き付けた構造になっており、 これにより、高い電力定格が得られます。
    絞り込み
    並び替え
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数