配管継ぎ手・アクセサリ

当社では、さまざまな配管継手 / アクセサリを用意しています。PVCやABSからステンレススチールや黄銅まで、豊富な選択肢があります。当社のトップブランドには、RS Pro、Legris、George Fischer、JG Speedfitなどがあります。

配管継手とは


配管継手は、液体や気体の流れを助けます。これは、パイプのまっすぐな部分のシステムを接続するために使用され、流れの方向を変更できます。継手は、パイプの断面間の直径変化を経る流れを補助することもできます。さまざまなタイプの継手があり、これらはすべて、異なる材質から作ることができます。

一般的なタイプの配管継手

RSコンポーネンツでは、多くのタイプの配管継手を在庫しています。最も人気が高いのは、ねじ付き継手、可鍛継手、圧縮継手、プッシュフィット継手です。

  • カプラ - 2本のパイプ又はチューブを結合、溶接(スチール)、ろう付け、又ははんだ付け(銅、黄銅など)できる2つのねじ山付き先端部があります。
  • プッシュフィット - 取り付けが簡単なため、配管において一般的で、特殊な工具は不要です。ソケットは、押すだけで簡単に結合できます。
  • エルボ - この継手は、2本のパイプの間に取り付けられ、方向を変えます。中央が、90度又は45度曲がっています。
  • レジューサ - パイプの直径を変更する必要がある場合、レジューサ継手は、異なるサイズの先端部を接続します。

どの材質が最適ですか?

配管継手はさまざまな材質で造ることができます。次のように、特定の材質は、ある機能についてその他の材質よりも優れています。

  • 銅 – 非常に高い温度に耐えることができます。セントラルヒーティング用のボイラー / 炉に行われる最終接続には、常に使用されます。
  • PVC及びABS – 軽量で無毒。銅よりも「弾力性」があるため、配管内で水が凍結して膨張した場合に破裂する可能性がほとんどありません。
  • ステンレススチール – 配管が露出する場所において美観上の理由で使用されることがよくあります。銅よりも耐腐食性が高くなっていますが、剛性も高くなっています。
  • 鉄 - 可鍛(延性)鋳鉄は、銅やプラスチックよりも強度が高いため、産業では良い選択肢になりますが、家庭用設備ではほとんど使用されません。
  • PEX – 架橋高密度ポリエチレン(PEX)は、延性と耐久性があり、非常に低い温度に最適です。設置時に注意することは、大幅に膨張することがあり、屋外で使用する場合は紫外線の影響を受けやすいため、シールドする必要があることです。

どのような配管アクセサリがありますか?

当社では、配管継手だけでなく、次のような他の多くの配管アクセサリも在庫しています。

  • フランジ
  • バックナット
  • パイプサポートライナー
  • 圧縮オリーブ
  • パイプカバー