検索キーワード履歴

    ニードルバルブ

    ニードルバルブは、流体の制御に使用し、通常はガス又は水のいずれかを、器具又はシステムを通じて制御します。ニードルバルブには小さなオリフィスがあり、端にテーパー針状の点があるねじ付きのバルブステムで構成されています。これは、プランジャとも呼ばれています。バルブの細長い先端は、調整済み器具(パイプなど)の一部であるシートにぴったりと収まります。バルブはハンドホイールで制御します。ハンドホイールを回転してプランジャの位置を制御し、ニードルとシートの間のスペースを調整します。これにより、正確な量の液体又はガスがパイプを通過します。ニードルバルブは多くの場合、ステンレススチール、青銅、黄銅、金属合金など、堅牢で耐久性のある材質です。
    ニードルバルブの種類
    手動式ニードルバルブ
    手動式ニードルバルブは、ハンドホイールを使用してプランジャとバルブシートの間の距離を制御します。ハンドホイールを一方の方向に回すと、プランジャが持ち上がってバルブが開き、流量が増えます。反対方向に回すと、プランジャがシートに近づき、流量が減少するか、又はバルブが完全に閉じます。ハンドホイールを何度か回してプランジャの位置を調整することで、バルブを通過する液体又はガスの量を正確かつ精密に制御できます。
    自動式ニードルバルブ
    自動式ニードルバルブにはハンドホイールはありませんが、自動的にバルブを開閉する油圧モータ又はエアアクチュエータに接続されています。モータ又はアクチュエータは、タイマ又は機械のパフォーマンス監視データに応じて、プランジャの位置を調整します。自動式ニードルバルブの利点は、使用する物質とシステムに合わせて動作が最適化され、誤った操作による損傷の可能性が低いことです。このバルブは一般的に、エンジンやガス配管で使用されます。
    ニードルバルブの用途
    先細ピンプランジャと微調整機能を備えたニードルバルブの独特な設計により、小幅の増分で流量を正確に調整できます。このバルブはサイズが小さいため、小型で精密な流量で、より軽量かつ粘度の低い材質の流量を制御するために最適です。ニードルバルブは、液体や気体の急激な圧力サージによる損傷から、デリケートなゲージを保護します。このバルブのフローは微調整ができるため、フローの段階的な停止が必要な場合に使用できます。用途としては、工業機械、低圧油圧システム、キャブレター、給湯器、化学処理、バキュームシステム、その他のガス及び液体サービスで使用する、パイプライン内の液体流量制御があります。
    絞り込み
    並び替え
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数