型番

空気だめ

エアレゾルバは、システム内のエアフローを制御し、発生した圧力変動を補正する必要がある空圧システムで使用します。

エアレゾルバの仕組み

エアレゾルバは、空圧システム内の圧力変動を補正するために使用されます。空気はフローバルブからレゾルバに入り、所定の時点で放出されるまでそこに蓄積されます。

エアレゾルバの用途

例えば、 システム内の圧力の変動を補正するためにリザーバから空気が放出されます。また、次のシナリオでも使用できます。

  • 圧力が突然低下した場合にアキュムレータとして
  • 遅延バルブや流量制御バルブとの関連で長い遅延を起こす
  • 一次遅延で制御されたシステムを生成する
  • 圧力が突然低下した場合にアキュムレータとして
  • 一方向流量制御バルブを使用して静圧を生成するため

下流の機器を圧力変動から保護したり、既存のアクチュエータの出力を高めたりする場合は、 コンビネーション圧力レギュレータを使用できます。

ロード中

絞り込み
並び替え
ページ
1
/
0
1ページの商品数
ページ
1
/
0
1ページの商品数