型番

空圧清浄機器

RSコンポーネンツでは、レギュレータ、 継手、 フィルタやホースアセンブリを含む広範な空圧空気清浄機器、及び、 エアガンやシールキットなどのシステム建設業者の必需品を幅広く取り揃えています。

空圧システムでの空気清浄化の重要性

空圧空気清浄機器は、空圧システム内のすべてのコンポーネントが、湿気や油のない、クリーンな圧縮空気を安定した流量で受け取ることができるように設計されています。これにより、あらゆる空圧プロセスを効果的に実行でき、保護機能を提供しながら最適な効率を実現できます。

空気清浄機器の種類

  • フィルタ - 主にエアフローからの粒子や湿気をフィルタリングして、システムの下流にある汚染物質からの干渉を防止するために使用します。エアフィルタには、除去する必要がある粒子サイズに応じてさまざまなサイズが用意されています。
  • レギュレータ - これは圧力と流量の調整に使用される空気減圧弁で、 入力圧力や流量にかかわらず、一貫した出力圧力を維持します。
  • ルブリケータ - 空圧コンポーネントを効果的に機能させ、磨耗や損傷を低減させるために、摩擦防止に使用します。オイル潤滑は、油霧ルブリケータがオイル粒子を圧縮空気の流れにより霧状に分散させる一般的な方法です。
  • コンビネーションユニット - 複数のタイプの装置を1つのシステムに装備して貴重なスペースを節約する空気清浄システムを使用できます。コンビネーションシステムには、FRアセンブリ又はFRシステムと呼ばれる、 フィルタ / レギュレータの2ピースユニット、又はFRLアセンブリ又はFRLシステムと呼ばれる、 フィルタ、レギュレータ及びルブリケータの 3ピースユニットがあります。

これらのデバイスにはさまざまなサイズがあるため、 精度と信頼性を確保するために、システムの継手と互換性があるかどうかを確認することが重要です。 空圧システム内で空気を使用する前に清浄化ステップを実施することで、システム効率を最大限に高めながら機械や装置のサービス寿命を延ばすことができます。