型番

バキュームジェネレータ

真空ジェネレータは、 吸引ポンプ又はイジェクタとも呼ばれ、 密閉された容器から空気とガスの分子を除去するポンプで、部分的に真空状態を維持します。また、真空ポンプは、ある区域から別の区域へ水又は液体を移動することもできます。詳細については、RSの真空ポンプガイドをご覧ください。

真空ポンプ装置は、エンジニアリングや製造プロセスなどの真空を必要とするさまざまなプロセスに適しています。又は、従来のポンプ同様に、液体をある場所から別の場所に移動するために使用できます。 真空ジェネレータには、ジェネレータの騒音を最小限に抑えるためのエキゾーストサイレンサが内蔵されているものもあります。

真空ジェネレータの種類

空圧(イジェクタ)又は電機(ポンプ)で真空が生成されます。空圧真空ジェネレータはサイクル時間が短く、コンパクトで軽量な設計でシステムに直接組み込むことができます。イジェクタには、エネルギーとプロセスを制御する機能があります。電気真空ジェネレータは、圧縮空気が利用できない場合や非常に高い吸引容量が必要な場合に便利です。

運動量移送ポンプ - ポンプの吸気側から排気側に、空気又は気体を移送します。

回収ポンプ - このポンプは、密閉空間で気体を回収します。回収された気体は冷却・凝縮され、固体状態で除去されます。

容積式ポンプ - この真空ポンプは、吸気側のキャビティを拡張し、排気側のキャビティを減少させます。各サイクルで同じ容積が移動されるため、一貫した容量が得られます。これらのポンプは、食品製造業のように適度な流量と適度な圧力を必要とする用途に適しています。

ダイアフラムポンプ - 容積式ポンプと同様の方法で機能し、非常に正確であるため、充填及び分注のための液体移送によく使用されます。

真空ジェネレータの選択方法

真空ジェネレータを購入する前に、 考慮すべき要因がいくつかあります。

  • 目的の用途、 部材のタイプ - 多孔性、 気密性
  • エネルギー効率に優れたオプション - 低電力 圧縮空気
  • ポンプのサイズと重量の制限
  • サイクルタイムの維持 - 短いサイクルタイム、 イジェクタ
  • パフォーマンス要件

用途:

  • 半導体処理
  • 空調
  • 航空機の計器
  • 複合成形
  • ウラン濃縮
  • 印刷機
  • 医療用途

ロード中

絞り込み
並び替え
ページ
1
/
0
1ページの商品数
ページ
1
/
0
1ページの商品数