型番
電子部品、電源、コネクタ
電気、制御部品、ケーブル
機械製品、工具
IT、テスト、安全機器

エンドミル

エンドミルは、ミリングに使用する一種の切削工具です。 エンドミルは、シャンクの端部と側面に切れ刃が付いているので、あらゆる方向で切断することができます。


エンドミルを使用する理由


エンドミルは、その動作でフライス盤内またはカッターの形状から材料を除去します。


フルート(エンドミルの螺旋)の数により異なる仕上がり:



  • 2 フルートにより、切り屑が排出されるスペースを最大限に確保 一般的なフライス加工に使用されます

  • 3フルートは、スロット加工に最適です。 断面積が大きく、一般的なフライス加工に使用されます

  • 4 、 5 、 6 および 8 フルートは、送り速度が同じであれば表面仕上げを改善できます。 刃数が多いほど、切削くずの負荷が低減し、高精度の仕上がりになります

どのようなタイプのエンドミルを購入できますか?


エンドカットタイプ



  • センターカットエンドミルは、先端に1枚以上の切り刃があるため、溝加工、 穴開け加工、側面加工に利用できます。

  • ノンセンター穴付きカットエンドミルは、外周部に切り刃が寄っているため、側面の切削又は外部表面の輪郭付けに利用できます。

軸タイプ



  • プレーンシャンクのエンドミルは、コレットスタイルホルダとともに使用され、最も一般的なシャンクタイプです。

  • ウェルドンシャンクのエンドミルには、1面又は2面の固定面があり、ホルダ内のねじで固定面を留めることで、ミルの回転方向のぐらつきを防止します。

エンドミルの代表的な用途


エンドミルはプロファイリングフライス、 正面フライス加工、 ならいフライス、 半仕上げおよび仕上げ加工。

ロード中

絞り込み
並び替え
ページ
1
/
0
1ページの商品数
ページ
1
/
0
1ページの商品数