フライス加工 / 旋盤

フライス加工やものは、原材料の加工を行う方法で、切断、 成形穴開けおよびボーリング加工を金属部品に対し行います。のこの 2 つのプロセスの主な違いは、旋盤加工とフライス盤加工の動作です。 工具を切断しながら、チャック上の旋盤加工機械が素材を回転させ、必要なサイズと形状を切断します。旋盤加工機械は、ほとんどの場合円筒形部品で動作するように設計されています。


旋盤加工機械とは逆に、 フライス盤機械は加工チャックを材料に変えるのではなく、 エンドミルやドリルなどの切断工具を回転させて、材料を切断して目的の部品を成形します。 フライス盤機械は、平らな表面や不規則な表面を加工するために使用できるため、旋盤加工機械よりも汎用性が高くなります。


機械を使用する旋盤やフライス盤加工には、どのようなものが必要ですか?


旋盤加工、 旋削加工機またはフライス盤加工機では、次のような適切な操作を行うための数多くのアクセサリが必要です。



  • ダブテールカッター

  • エンドミル

  • フェイスミルズ

  • 旋盤チャック & センター

  • 旋盤工具ホルダ / インサート

  • 旋盤ツール & キット

  • フライス用インサート

  • ルータビット

  • スロットドリル

  • スクエアショルダカッター

  • ウッドラフカッター