検索キーワード履歴

    旋盤加工・フライス加工

    フライス加工と旋盤加工(Milling・Lathing)は、切削加工の代表的な加工工具です。切削加工は大きく分けると、工作物を回転させる「旋削(せんさく)」と、加工する工作物を固定して工具を回転させる「転削(てんさく)」とがあります。旋盤加工は旋削の代表で、フライス加工は転削の代表です。


    旋盤加工について


    旋盤加工(ターニング加工)は切削工具を固定し、ワークを回転させて工作物を切削する加工技術です。対象となる素材は鉄、樹脂、ステンレスなど多岐にわたり、丸棒(丸形状)の母材の加工には最適です。


    旋盤加工のメリット:


    • 大型の製品の加工に有利

    • 異形状の製品の加工に有利

    • 加工の精度が高い

    • 省スペース

    フライス加工について


    フライス加工(ミリング加工)は、回転軸に取り付けたフライス盤という切削工具を高速に回転させて、固定した工作物を切削する加工技術です。四角棒など角材の切削に最適です。


    フライス加工のメリット:


    • 非常に多くの形状を加工できる

    • 広い面を一気に平面加工できる

    • 綺麗な仕上がり

    • 不良品が少なめ

    また、世の中の機械や部品は、フライス加工と旋盤加工の一方だけでなく、両者を組み合わせて製作されていることが多くあります。両者を組み合わせることにより、多種多様な加工が可能になります。


    RSコンポーネンツは、お客様のニーズに合わせてより多くの選択肢をご提供するために、あり溝フライス、エンドミル、旋盤チャック・センターなどのフライス加工・旋盤加工工具を数多く取り揃えています。