検索キーワード履歴

    リアルタイムクロック

    リアルタイムクロックとは

    リアルタイムクロック(RTC)は、通常は集積回路の形態のコンピュータクロックです。製品名が示すように、リアルタイムに 時間の経過を追えるようになっています。リアルタイムクロックは通常、コンピュータのマザーボードに不可欠な要素です。一般に、 RTCにはカレンダーとアラームも搭載されています

    リアルタイムクロックの動作

    クロックシステムのメモリには、システムの説明と「現在の時刻値」などの設定値が保存されます。RTCに保持されている情報は、通常はシリアルインターフェイスを介してマイクロプロセッサで読み取られ、 時間に依存するソフトウェア機能のパフォーマンスが促進されます。

    超低消費電力で動作するように設計されているため、 RTCは多くの場合リチウム電池で動作しますが、通常の電源でも動作します。この電源により、システムが停止してもリアルタイムで動作と生成を続行できます。新しいモデルのRTCでは、充電可能な電源として、基板にはんだ付けされたスーパーコンデンサを使用しています。一部のリアルタイムクロックは、 補正された電源ライン周波数などの外部信号との同期機能を備えています。これにより、オンボードの温度補償スキームがなくても正確な結果が得られます。

    RTCの時刻値

    絞り込み
    並び替え
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数