型番

ウォッチ ドッグ タイマ

ウォッチドッグタイマ(WDT)は、COPタイマ(Computer Operating Properly: コンピュータを正しく動作させるためのタイマ)と呼ばれることもあります。これは組み込みシステムアプリケーションで使用されるハードウェア部品ですが、プロセッサにとっては外部コンポーネントです。ウォッチドッグタイマは一般に、人間が立ち入ることが難しい環境や、タイムリーに障害に対応できない環境に使用されます。 そのため、 システムはハングアップした場合のために自立型にする必要があります。たとえば宇宙探査機では、 動作中に人間の介入は制限されるため、機器が誤動作から回復できなければ 使用できなくなります。

ウォッチドッグタイマの使用目的

ウォッチドッグタイマ(WDT)の使用目的は、決まった時間内にプロセッサからのパルス信号を自動的に検出することです。システムが誤動作した場合、又は信号を受信せず再起動が必要な場合にリセットトリガを送信します。 これは、ソフトウェア又はハードウェアの問題が原因で発生する可能性があります。

ウォッチドッグタイマで組み込みシステムを自立させる方法は2通りあります。

  • システムエラーを検出する方法。これにはプログラミングエラー、 電力サージ、 ソフトウェアループ又はハングアップ、及びコードのクラッシュがあります。
  • 中央プロセッサユニット(CPU)又はマイクロコントローラに組み込まれているリセット信号により、オペレーティングシステムをリセットし、通常のプログラム動作を継続する方法。

ウォッチドッグタイマの主な用途

ウォッチドッグタイマ(WDT)は、日常的なさまざまな用途に使用されます。 たとえば、デジタルテレビ、 洗濯機、 掃除機、 電子レンジ、 ドローン、 クルーズコントロールなどのモータ制御システムへのグリッドメータリング、 スマートフォン、その他さまざまなものがあります。これらすべての機器内で、 ウォッチドッグタイマの機能は、同じ目的又は類似した目的に使用されます。

ロード中

絞り込み
並び替え
ページ
1
/
0
1ページの商品数
ページ
1
/
0
1ページの商品数