検索キーワード履歴

    LPWAN

    低消費電力WANはIoT業界で発展している技術で、近年は低ビットレートでありながら長距離通信が可能な無線通信ネットワークの普及が進んでいます。WPANなどの他のワイヤレスデバイスとは若干異なります。 LPWANは、チャネルあたり0.3~50 kbit/sのデータレートで動作します。

    一般的なLPWANの種類

    Lora: M2M 及びIoTネットワークを対象に、SemTechによって開発された長距離無線。

    LoraWAN: LoRaWAN®仕様は低消費電力の 広域(LPWA)ネットワークプロトコルで、バッテリ駆動の「モノ」を地域、 国内又はグローバルネットワークのインターネットにワイヤレス接続するように設計されており、 主要なモノのインターネット(IoT)要件(双方向通信、 エンドツーエンドのセキュリティ、 モビリティ及びローカリゼーションサービスなど)をターゲットにしています。

    SigFox: SigFoxは、2010年に設立されたフランスのグローバルネットワークオペレータで、電気メータやスマートウォッチなど、 少量のデータを連続的に発信する必要がある低電力の機器を接続するワイヤレスネットワークを構築します。

    LPWANテクノロジー属性

    長距離: LPWANテクノロジーの動作範囲は、数kmから10 kmを超える場合があります。

    低消費電力: LPWAN製品は消費電力に応じて最適化されており、 そのトランシーバは低電力電池で長時間動作できます。

    低コスト: LPWANの簡素化、 軽量プロトコルによりハードウェア設計の複雑さが軽減され、デバイスコストが削減されます。

    絞り込み
    並び替え
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数