検索キーワード履歴

    サンプルレートコンバータ

    デジタル情報は、特定のレート又は事前にプログラムされたレートでのサンプリングにより記録されます。サンプルレートコンバータでは、サンプルレートをさまざまなkHz (キロヘルツ)に変更できます。

    サンプルレートコンバータとは

    このデータコンバータは、あるシステムアプリケーションから別のシステムアプリケーションに録音された音声を転送する際に、速度とピッチが変化しないようにします。また、離散信号のレートを変化させ、データ転送中に連続した基本信号を新しく離散的に表現します。

    サンプルレートコンバータの種類

    サンプルレートコンバータの主なタイプは、同期コンバータと非同期コンバータの2種類です。同期コンバータは、2種類の固定サンプリングレートの間でデータを変換します。ここでのレートの変更は4、8、32などの類似した比率になります。 非同期コンバータは、入力レートと出力レートが共通クロックや正確な周波数比によって固定されていない場合に使用されます。

    用途

    サンプルレートコンバータは、放送用途、 オーディオ / ビジュアル機器、さまざまなフレームレートと画像スケールのハイエンドの民生機器に使用されます。その目的は、機器間でオーディオ / ビデオ出力の品質を維持することです。

    絞り込み
    並び替え
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数