検索キーワード履歴

    ダーリントン トランジスタ

    ダーリントントランジスタは、低ベース電流から高いコレクタ電流を得るために使用される半導体です。1つのパッケージ内に一対のバイポーラトランジスタを接続されたダーリントントランジスタは、ダーリントンペアとも呼ばれます。

    動作

    ダーリントントランジスタは単一のトランジスタのように動作します。入力トランジスタのエミッタは常に出力トランジスタのベースに配線されています。彼らのコレクタをつなぐことで、入力トランジスタで増幅された電流は、出力トランジスタでさらに増幅されます。

    用途

    ダーリントントランジスタは、非常に高い電流ゲインを実現するため、駆動モータやリレーなどの電力用途に最適です。また、ディスプレイドライバ、 オーディオ出力、 光センサ、 タッチセンサなどにもよく使われています。しかし、ベース電流をすぐに遮断できないため、高い周波数を必要とする用途で使用することはお勧めしません。

    絞り込み
    並び替え
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数