型番

トライアック

トライアック(Triode for Alternating Current: 交流用3極管)は、トリガが発生するといずれかの方向に電流が流れる3つの端子又は脚を備えたシリコン半導体部品です。トライアックは、サイリスタの同様のファミリメンバを発展させたものですが、 単方向であるサイリスタとは異なり、 双方向であるため、正弦波の両半分の電流を制御できます。

トライアックの動作

基本的には、 トライアックは、低~中電力の半ラッチソリッドステートスイッチです。このデバイスは、2つの標準的なサイリスタが並列又は直列に逆向きで接続されているように機能します。この部品を作動させるには、ゲート端子に電圧を印加する必要があります。ゲート電流がトリガされると、ゲートに印加されなくなっても、トライアックは引き続き導通状態を維持します。

トライアックは、正の方向でPNPN、負の方向でNPNPの4層シリコン部品です。このデバイスは、幅広い電子用途や回路に対応できるように、パネル取り付け、 表面実装、スルーホール実装の各種パッケージタイプから選択できます。

トライアックのシンボルには、 3つの端子があります。これらの端子は、次のとおりです。

  • MT1アノード1 (メイン端子1)
  • MT2アノード2 (メイン端子2)
  • ゲート端子

トライアックの用途

トライアックは、ACシステムのスイッチング及び電源制御に広く使用されています。トライアックは、AC波の各ハーフサイクルを利用できるため、照明の調光器などの用途に特に便利です。このソリッドステートデバイスは、さまざまな電子用途の回路でシンプルなオン / オフデバイスとして使用できます。より一般的な使用分野の例は、次のとおりです。

  • 温度制御
  • 液面制御
  • 家庭照明用調光器
  • 小型モータ制御
  • 扇風機の速度制御

ロード中

絞り込み
並び替え
ページ
1
/
0
1ページの商品数
ページ
1
/
0
1ページの商品数