検索キーワード履歴

    トライアック

    トライアックは3端子をもつ半導体スイッチング素子の一種で、双方向の電流を1つのゲートの電極で制御してスイッチングを行うことができます。トランジスタやダイオードなどの他のデバイスとは異なり、トライアックは双方向であるため、交流波の両半分の電流を制御できます。したがって交流の1/2サイクルで動作させることで電力を制御することができます。

    トライアックの動作原理

    トライアックは、一般的に低~中電力の半ラッチソリッドステートスイッチです。原理的には、一方向の電流を制御することができる逆阻止3端子サイリスタを逆並列に接続することで、双方向の電流を制御できるようにしたものとなります。

    トライアックの用途

    トライアックは、双方向に電流を流せることから、主に以下の用途で用いられています。

    • ACスイッチ
    • 調光器の制御
    • 家庭用の扇風機、洗濯機などのモーターの回転数制御
    • 冷蔵庫、電気毛布などの温度制御
    • エレベーターや交流電車などの速度制御
    絞り込み
    並び替え
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数