検索キーワード履歴

    クロスポイントスイッチ

    クロスポイントスイッチ (別名クロスバースイッチ)は、 スイッチが搭載されているICです。このスイッチは、マトリックス構成で配置されたスイッチの集合です。クロスポイントスイッチデバイスは、基板回路で使用され、電子設計にスイッチング機能を提供します。プロトコルが異なる複数のデータストリームを処理できます。

    クロスポイントスイッチは、通信用途で普及しています。このスイッチにより、入力を出力に簡単に接続でき、 中断されることがありません。また、パスを変更しても 他のパスに影響を与えません。クロスポイントスイッチでは、入力及び出力のネットワーク内で電子信号を切り替えることができます。

    アレイ構成はクロスポイントスイッチの入出力を指します。たとえば、 スイッチに8つの入力と8つの出力がある場合、 マトリックスには、接続が交わるクロスポイントが8x8か所あります。

    クロスポイントスイッチの用途

    多くのクロスポイントスイッチは、オーディオやビデオ用途向けに設計されています。また、汎用スイッチもあります。用途の例:

    • セットトップボックス
    • TV
    • A/Vスイッチ
    • 監視
    • テスト装置
    • 自動車
    • データ収集システム
    • 通信

    CMOSとバイポーラクロスポイントスイッチの比較

    多くの場合、 CMOSスイッチでは 入出力はバッファする必要があります。バイポーラスイッチには、デバイスにバッファが既に組み込まれています。

    これに加えて、 CMOSクロスポイントスイッチは、消費電力が低く設計がシンプルです。また、CMOSには双方向信号パスもあります。バイポーラクロスポイントスイッチは、より要求の厳しい用途に最適です。これは、高速で電源電圧と電流が低いためです。

    絞り込み
    並び替え
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数