型番

PWM

PWMは、Pulse Width Modulation (パルス幅変調)の略です。電子回路には、アナログコンポーネントとデジタルコンポーネントの両方を使用できます。PWMにより、デジタル信号を使用してアナログ機器を制御できます。多くの場合、電気設計ではPWMを調整に使用します。

アナログ信号はオン / オフにすることができますが、 半分だけオンなどということもあります。一方、デジタル信号の場合は、オン又はオフのどちらかになります。どちらの信号も電子回路内で発生し、連動する必要があります。入力は、DAC又はADCを使用して変換できます。PWMは、機器の出力の制御に使用できます。たとえば、 PWMは、マイクロコントローラ(MCU)のデジタル出力をアナログ信号に変換して、 次のアナログコンポーネントを駆動できます。

PWMデバイスの種類:

  • PWM電圧モードコントローラは、制御電圧(Vc)とPWMランプ入力圧(Vramp)を印加することで動作します。
  • PWM電流モードコントローラは、インダクタ電流にフィードバックする2番目のループを追加して、PWMランプを形成します。
  • PWMスイッチングレギュレータは、入力電圧をPWMコントローラからフィードバックして、出力電圧を一定に保ちます。

デューティサイクルとは

PWM信号には、 周波数及びデューティサイクルという2つの主要な要素があります。デューティサイクルは、%で示され、信号がオンになっている期間を表します。たとえば、 デューティサイクルが50 %の場合、 信号は期間のうちの50 %でオン、50 %でオフになります。パルス幅変調では、矩形のパルス波が使用されます。

PWMの用途

  • モータ
  • LED照明
  • ランプ
  • ヒーター / HVAC
  • 電気自動車
  • ロボット
  • 通信システム

積載

絞り込み
並び替え
ページ
1
/
0
ページ
1
/
0