型番

デジタルシグナルプロセッサ (DSP)

デジタルシグナルプロセッサ(DSP)は、音声、 オーディオ、ビデオなどの信号を処理します。信号をデジタル情報としてキャプチャし、 処理してから、情報を使用できるようフィードバックします。この操作は、デジタル形式か、オーディオデジタル-アナログコンバータ(DAC)を通すことによるアナログ形式で行われます。この信号処理はすべて、非常に高速で行われます。RS コンポーネンツでは、Microchip、 Texas Instruments、Analog Devicesなど、主要ブランドの高品質の半導体部品を幅広く取り揃えています。

デジタルシグナルプロセッサの用途

デジタルシグナルプロセッサ(DSP)は、オーディオ、 ビデオ、グラフィックスの処理に使用されます。音をより鮮明に、 データをより速く、画像をよりシャープにすることができます。たとえば、 ハイファイ機器で使用されると、 DSPにより幻想的な立体音響が生み出されます。プログラミングも可能なので、 携帯電話からコンピュータ、玩具まで さまざまな用途にDSPを使用できます。また、サイズがコンパクトで、消費電力も少なくなっています。

適切なデジタル信号プロセッサの選択

高性能の適切なDSP電子デバイスをお探しの場合は、さまざまな特性を考慮する必要があります。

  • 周波数 - 1秒あたりのデータポイント数。 これは速度と見なすことができます。
  • RAMサイズ - 通常はサイズが大きくなると パフォーマンスが向上します。
  • プログラムメモリ - 特定の目的に合わせてDSPをカスタマイズするためのものです。

用途

デジタル信号処理は、さまざまな電子機器で使用されています。専用のマイクロプロセッサチップで加算、 減算、 乗算、除算などの機能を実行できるようになっています。主な分野は、次のとおりです。

  • オーディオ信号処理
  • デジタル信号処理
  • レーダー及びソナー
  • 携帯電話
  • 高解像度テレビ

積載

絞り込み
並び替え
ページ
1
/
0
ページ
1
/
0