型番
電子部品、電源、コネクタ
電気、制御部品、ケーブル
機械製品、工具
IT、テスト、安全機器

データロガー

データロガーは、内蔵マイクロプロセッサ、データストレージ、1つ又は複数のセンサを搭載したコンパクトなバッテリ駆動装置です。さまざまな環境に導入して、設定した間隔で測定値を記録できます。長期間環境パラメータを自動的に監視及び記録し、条件の測定、文書化、分析、検証が可能になります。データロガーには、情報を受け取るセンサと情報を保存するコンピュータチップが搭載されています。データロガーに保存された情報は、分析のためにコンピュータへ転送されます。

特定のデータロガーにより、気温、相対湿度、AC / DC電流と電圧、差圧、使用時間(ライト、モーターなど)、光度、水温、液面、溶存酸素、土壌水分、降雨、風速と風向、葉の水分、パルス信号、部屋の占有状態、プラグの負荷など、多数の測定値が得られます。
なぜデータロガーを使うのですか?

データ記録は、一定期間のデータの収集であり、科学実験でよく使用されます。通常、データ記録システムは、コンピュータにリンクされているセンサを使用してプロセスを監視します。ほとんどのデータ記録は、コンピュータ制御の下で自動的に実行できます。

センサは、データ記録プロセスで重要な役割を果たします。光、熱、音、圧力、酸性度、湿度など、すべての物理特性はセンサで測定できます。
センサは、コンピュータにリンクされているインターフェースボックスに信号を送信します。インターフェースボックスは、アナログ信号をコンピュータが理解できるデジタル信号に変換します。
プロセスを制御するコンピュータは定期的に読み取りを実行します。データ記録の時間間隔とは、読み取りと読み取りの間の時間です。ログ期間は、読み取りが行われる時間の合計の長さです。
読み取り値はテーブルに保存され、グラフで表示するか、分析用のアプリケーションに渡されます。
「現場」でデータを記録する必要がある場合があります。これは、リモートデータ記録と呼ばれます。読み取り値は保存してコンピュータに戻され、ダウンロードして分析されます。このような状況で使用する装置は非常に堅牢である必要があります。たとえば、液面を監視するために使用される装置は防水である必要があり、衛星で動作している装置は発射と回収時の振動に耐えられる必要があります。

データロガーはどのように使いますか?
● モバイルデバイス又はラップトップにソフトウェアをダウンロードしてインストールする
● データロガーに接続し、パラメータを起動する
● 設置して、希望する期間データを記録する
● モバイルデバイス又はラップトップを使用して、データロガーに再接続する
● 分析ソフトウェアで、データファイルと読み取り値をダウンロードする

ロード中

絞り込み
並び替え
ページ
1
/
0
1ページの商品数
ページ
1
/
0
1ページの商品数