検索キーワード履歴

    パルスジェネレータ

    パルス発生器とは何ですか? パルス発生器とは、パルスを生成して、それを被試験装置に送り込み、装置の挙動を調査する電気試験装置です。パルス発生器は、さまざまな電子的用途で使用するパルスを提供するのに使用します。ほとんどの製品は電圧源ですが、電流パルス発生器もあります。デジタル遅延バルス発生器としても機能するパルス発生器は、被試験装置にパルスを送り込むことに加え、刺激信号又はクロック信号として使用することもできます。たとえば、デジタル遅延パルス発生器として動作するパルス発生器を使用して、レーザー、変調器、又は光学部品を駆動することができます。パルス発生器の出力は、アナログ形式又はデジタル形式で繰り返し電子信号を生成する電子装置である信号発生器用の変調信号を生成することもできます。機能と能力• 矩形波生成: 矩形のパルスを生成するように設計されていて、論理回路を駆動することができますが、必ずしもこの用途に限定されるわけではありません。• パルス幅: パルス幅を変えて、さまざまな波形を生成することができます• 繰り返し率: 繰り返し率は重要なパラメータです。「フリーラン」モードで使用した場合、繰り返し率を変化させることができます。• パルストリガ: 外部波形を使用してパルス発生器をトリガすることができます。パルストリガリングは、通常、選択スイッチを使用して立ち下がりエッジ又は立ち上がりエッジに発生させることができます。• パルス遅延: パルスがトリガされたときに、パルス発生器からパルスの遅延を選択することができます。この遅延は調整可能です。• パルス振幅: パルス振幅は、論理回路を駆動するのに必要ですが、振幅は調整可能です。• パルスの立ち上がり時間と立ち下がり時間: 用途によっては、論理出力の立ち上がり時間と立ち下がり時間を調整できる必要があります。パルス発生器には、デジタル技術、アナログ技術、又はその両方が使用されます。トリガリングやパルス生成などでは、ほとんどの場合デジタル技術が使用されますが、パルス生成器での立ち上がり / 立ち下がり時間の制御などでは、アナログ技術が使用されます。多チャンネルパルスジェネレータも用意されています。これは、独立したパルス幅及び遅延のいくつかのパルスチャンネルを、独立した出力や独立した極性で生成することができます。

    絞り込み
    並び替え
    1 1
    ページあたりの結果数