型番

スペクトラムアナライザ

スペクトラムアナライザは、無線周波数、RF、オーディオ信号の周波数スペクトルを分析するために電子産業で広く使用されています。信号のスペクトルを見ると、信号の各要素とそれを生成する回路の性能が明らかになります。スペクトラムアナライザは、多種多様な計測を実行できます。つまり、RF設計開発及び試験ラボ向けの貴重なツールであると同時に、専門分野のサービスで多くの用途に活躍します。


無線周波数回路 / 機器の設計、試験、メンテナンスに使用する電子試験機器では、スペクトラムアナライザは非常に重要なツールです。スペクトラムアナライザは、周波数領域の信号を観察するために使用します。このため、信号の振幅を垂直スケールで表示し、信号の周波数を水平スケールで表示します。


スペクトラムアナライザの種類


掃引スペクトラムアナライザ: 必要な帯域で分析した周波数を掃引して、相対強度で信号のビューを生成します。最も広く利用されているタイプです。


高速フーリエ変換(FFT)アナライザ: デジタル解析のために、信号をデジタル形式に変換します。このタイプは、より高価で専門的です。


リアルタイムアナライザ: FFTアナライザの一種です。はるかに大きなバッファとより強力な処理能力が必要ですが、この種類の製品は、信号解析のために最高の性能を備えています。


オーディオスペクトラムアナライザ: オーディオ周波数に焦点を当て、低周波技術を採用しています。このために、製品はかなり低価格に設定できます。この製品は、ハードウェアの性能が比較的低いPCでも実行できます。


スペクトラムアナライザは、次の4種類のフォームファクタに分類できます。


  • ベンチトップ: AC電源に接続できます。つまり、一般的にラボ環境又は製造 / 生産分野に適合します。
  • 携帯型: 野外で計測したり、持ち運びながら使用したりできます。
  • ハンドヘルド型: 非常に軽量、小型です。
  • ネットワーク型: アナライザをネットワークに接続できます。

スペクトラムアナライザのヒント


  • 入力レベルに注意する: よくある製品損傷の原因の1つが、アナライザで高出力回路を計測したときの入力ミキサへの過大入力です。
  • 値の跳ね上がりが実際の状態を反映しているかどうかを判断します。
  • セルフアライメントを待つ: 最初にスイッチを入れると、ソフトウェアの起動手順を経て、多数のセルフテスト及び較正ルーチンが実行されます。

積載

絞り込み
並び替え
ページ
1
/
0
ページ
1
/
0