STマイクロ STM32 Nucleo-64 開発 ボード NUCLEO-F103RB

  • RS品番 802-9416
  • メーカー型番 NUCLEO-F103RB
  • メーカー/ブランド名 STMicroelectronics
データシート
その他
RoHSステータス: 適合
詳細情報

NUCLEO-F103RB Nucleo-64開発ボード

STMicroelectronics STM32 Nucleo開発ボードNUCLEO-F103RBは、STM32 F1シリーズマイクロコントローラと連動し、組み込み用途向けのプロトタイプを作成できるようになっています。 この開発プラットフォームでは、Arm Cortex™ M3プロセッサベースのSTM32 F1 32ビットフラッシュマイクロコントローラ(LQFP64パッケージ構成)によってシンプルな評価 / 開発ソリューションを実現することができます。 Nucleo開発ボードは、Arduino™の接続性に対応しており、STコネクタMorphoによってMCUのすべてのIOにアクセスすることができます。 Nucleoボードは、ARM® mbed対応で、ST-Link/V2-1統合インサーキットデバッガ / プログラマを備えており、これがスタンドアロン機能においてオンボードマイクロコントローラや適切なSTM32 F1 MCUと連動します。

STM32F103RBT6 MCU搭載STM32 Nucleo開発ボード、128 KBフラッシュメモリ
拡張リソース: Arduino Uno Revision 3の接続性、STMicroelectronics Morpho拡張ピンヘッダ
ST-LINK/V2-1をスタンドアロンで使用するための選択モードスイッチ
電源: USB VBUS又は外部電源(3.3 V、5 V、7 → 12 V)、電源管理アクセスポイント
LED 3灯: USB通信、ユーザー、電源
プッシュボタン2個: ユーザー及びリセット
USBでサポートされているインターフェイス: 仮想Comポート、大容量記憶装置、デバッグポート
統合開発環境(IDE)としてIAR、Keil、GCCベースのIDEなどをサポート
システム要件: Windows PC (XP、Vista、7、8)、USB-A - Mini-Bケーブル(656-3939など)
STM32総合ソフトウェアHALライブラリ(オンライン)

STM32F1シリーズ32ビットARM® Cortex®-M3マイクロコントローラ、STMicroelectronics

STM32ファミリの32ビットフラッシュマイクロコントローラは、埋め込み用に専用設計された革新的なARM Cortex™-M3コアをベースとしています。 STM32ファミリは、高いコード密度でパフォーマンスを改善するThumb-2命令セット、割り込みに対する非常に迅速な応答などのCortex™-M3のアーキテクチャ強化を導入するとともに、業界をリードする消費電力を実現しています。


利点
• 優れたリアルタイム動作
• 卓越した電力効率
• 優れた革新的なペリフェラル
• 集積最大化
• ファミリの枠を越えたピン対ピンのペリフェラル及びソフトウェア互換性

仕様
特性
分類 開発 ボード
キット名 STM32 Nucleo-64
テクノロジー MCU
デバイスコア ARM Cortex M3
プロセッサファミリ名 STM32F1
プロセッサ品番 STM32F103RBT6
プロセッサ種類 MCU
7 国内在庫あり - 通常1営業日でお届け
8 海外在庫あり - 通常4営業日でお届け
単価: 購入単位は1個
1,331.00
(税抜)
1,464.10
(税込)
単価
1 - 9
¥1,331.00
10 +
¥1,293.00