型番

リギングスクリュー

リギングねじとターンバックルは、 ひずみネジまたはボトルクルーとも呼ばれ、 ワイヤやロープの張力の調整や負荷の固定に使用する単純な装置です。

リギングねじとターンバックルは置き換え可能な用語で、 一般的にリギングねじという用語は、ねじ込み部を非表示にしている密閉型のボディの継手を指し、 一方ターンバックルにはオープンボディがあるのに対し、 ねじ断面を露出させる物を指します。どちらの器具も同じ用途で使用できますが、ターンバックルは一般に小さく、負荷がかかった状態で締め付け能力が高いです。

リギングねじはどのように機能するのですか?

リギングねじとターンバックルを使用するには、両端の金具に張力をかける必要があるワイヤまたはロープを取り付けます。リギンスクリューの本体を回転させると、両端が互いに引き寄せられて、 ロープを締まるか、 または、お互いに離れて、 ロープがゆるみます。 この終端は機器の端は、必要に応じてフック、 目またはあご、 またはこれらの 2 つの組み合わせと異なる物を選べます。 ジョーには通常、ジョーを所定の位置にしっかりと固定するためのピンがあり、さまざまな直径のものが用意されています。 閉じたボディフォーク(又はジョー端)リギングねじは、シャックルや留め具を追加しなくても、アイボルトに直接取り付けることができます。 リギンスクリューは、ワイヤロープにスエージ加工(圧着)することもできます。

リギングねじは、どのような用途に使用されますか?

リギンスクリューは、ロープを特定の張力で保持する必要がある用途で使用されます。 ねじのサイズも様々で、 ロープのサイズによって異なります。 実際に、ボクシングリングの周囲にあるロープ、 吊り橋のケーブルまたはボートの艤装で使われているのを見たことがあるでしょう。

素材とサイズ

亜鉛めっき仕上げまたは研磨仕上げ、さまざまなオープン / クローズ長のスチール製およびステンレススチール製を用意しています。

ロード中

絞り込み
並び替え
ページ
1
/
0
1ページの商品数
ページ
1
/
0
1ページの商品数