流体制御機器

当社では、流量及びレベルコントローラ、センサ、スイッチ、インジケータなど、液体制御製品を幅広く取り揃えています。当社はSMC、Burkert、Cynergy3などのトップブランドと協力して、あらゆる産業やオートメーションの要件に対応する幅広い液体制御製品を提供しています。ここでは、当社が提供する主な流体制御機器について説明します。
  • フローコントローラ - 液体やガスの流量を測定 / 制御するために使用する装置。質量流量センサを使用して気体や液体の流量を検出し、オペレータ又は信号入力に基づいて比例弁を調整し、適切な流量を実現します。
  • ケミカルモニター – 容器内の液体の品質を監視、維持するためのツールです。液体のpHレベルの監視に重点を置いた、液体の監視手段の1つです。ケミカルモニターには主に2つのタイプ、つまり液体中の適切な化学物質を監視及び検出するためのセンサ又はプローブがあります。また、緩衝液を使用して、化学物質や液体を所定のpHレベルに維持することもできます。
  • フローセンサ - パイプラインを通過するガス又は液体の瞬間流量を測定するセンサの一種です。センサにはさまざまな種類があり、液体 / ガラスの流れにタービンを置いて総流量又は消費量を測定する方法や、可動部品のない電磁体で体積を測定する方法、気体又は液体の熱特性を使用して流量を決定する方法などで利用可能です。
  • フロースイッチ - 液体又は気体の流れを検出し、ポンプなどの別の装置にトリップ信号を送信して、そのオン / オフを切り替えます。
  • レベルコントローラ - 容器内の流体のレベルを測定します。これは自動ユニットで、液面が過度に高くなったり低くなったりするのを防止します。
  • レベルセンサ – 容器がどのくらい満たされているか、又はどのくらい空かを測定します。センサからバルブに制御信号が送られ、バルブを開閉するかどうかを通知します。どのセンサを選択するかは、測定する物質によって決まります。
  • レベルスイッチ - 次の5種類のスイッチがあります。
  1. フロートスイッチ - フロートの動きによりスイッチが作動します。
  2. 静電容量型スイッチ - 感知フィールドを使用して充填レベルを判別する非接触式静電容量型スイッチです。
  3. 振動プローブ - 振動プローブが媒体に接触し周波数が変化すると、スイッチが作動します。
  4. 導電性フロートスイッチ - ステンレス鋼製プローブを使用して特定の液体レベルを測定します。
  5. 超音波センサ - 放射した超音波パルスが媒体表面に反射し、それによって充填レベルを計算します。