型番

赤外線温度センサ

赤外線温度センサは、測定対象の表面に触れる必要がないため、 あらゆる環境での温度測定に対する非常に効率的なソリューションです。サーモグラフィカメラの主要コンポーネントでなので、メンテナンス作業のほかにも、医療用途の赤外線温度計に使用されています。


赤外線温度センサは、表面又は対象物の温度を検出するため、レンズで表面に焦点を合わせた赤外線を照射します。反射した赤外線がセンサに戻り、そのエネルギーが温度単位で表示可能な電気信号に変換されます。このセンサは、気温の変化を補正して正確な温度を読み取ります。


さまざまな表面材料の測定


塗装面、 紙、 厚いプラスチック、 食品、 水、 アスファルト、 ゴム、木材、その他の非金属製品はいずれも放射率が高く、 これらの材料は、放射率の設定が固定されている汎用センサを使用して簡単に測定できます。


放射率の設定を調整可能なセンサでは、金属などの部分的に反射する材料向けに、測定精度を微調整できます。

ロード中

絞り込み
並び替え
ページ
1
/
0
1ページの商品数
ページ
1
/
0
1ページの商品数