型番

PIRセンサ

PIR (受動型赤外線)センサは、熱を発する物体から放射される赤外線( IR )光を測定します。 センサを使用すれば、人の動きを感知し、さらに 動物や自動車の動きも感知してセキュリティアラームおよび照明を誘発します。多くの場合、 PIR ベースのモーション検出器で使用されます。 センサから発生する熱やエネルギーがないため、受動型です。熱ではなく赤外線の放射を検出します。

このセンサは動きを検出するために使用され、防犯アラームやセキュリティ照明システムなどのセキュリティと安全性に最適です。 屋内外で使用することができ、天井や壁面に取り付けることができます。 PIR センサには、ペットフレンドリーオプションなど、各種の製品および様式があります(移動する物体の特定の形状を無視するよう、 または、特定の高さを超える動体のみを検出するように設計されたものなど)。


PIR センサは、人が部屋に入ったときやビデオカメラの録画を開始したときに自動的に点灯するよう使用されることもあります。

PIR センサの仕組み
すべての物体がある程度の赤外線放射(人間の目には見えません)を発しており、より熱いものは、 放射線が多くなります。 センサは、センサに影響を与える赤外線放射レベルを検出します。これは、センサの前にある物体の温度によって異なります。 暖かい物(人や動物)が前を歩いて通ると、 センサーの視野内の温度が室温から体温に上昇します。 センサは、入射赤外線の変化を出力電圧の変化に変換し、検出をトリガします。

設置場所
付属のねじとプラグを使用して、調節可能なブラケットを壁や天井にすばやく簡単に取り付けることができます。 さまざまな感知範囲があり、 センサが感知できる範囲と距離がわかったら、 それにしたがって、 セキュリティの範囲を計画します。 推奨される領域には、コーナー、 廊下、 テラス、 車道、 正面玄関と裏玄関です。 理想的な位置は地面の上の 2 から 3 メートルです。

モーションセンサは職場でも使用されており、 たとえば、 作業者が近付き過ぎると危険につながる可能性がある機器をシャットダウンするためなどです。

次の場所にはセンサを取り付けないでください。



  • ラジエータのすぐ上

  • 窓に直接向ける

  • 通気孔の近く

ロード中

絞り込み
並び替え
ページ
1
/
0
1ページの商品数
ページ
1
/
0
1ページの商品数