型番

イーサネットコネクタアクセサリ

RJ (レジスタードジャック)コネクタは、音声及びデータ機器を電話局又は長距離電話会社のサービスに接続するために役立つ、標準化された通信ネットワークインターフェースです。 RJコネクタアクセサリは、ダストキャップからフードやブーツまでさまざまな製品で構成されています。RSでは、お客様のRJコネクタニーズを満たす幅広いアクセサリを提供しています。


RJコネクタダストキャップは、イーサネットネットワーキングに使用される電気コネクタの一種であるRJコネクタの端部を、不使用時にほこりや汚れから保護します。


RJコネクタダストキャップはどのように機能しますか?


RJコネクタダストキャップの使い方は非常に簡単です。RJコネクタの端部に被せるだけで、 スリップオン式とねじ止め式があります。ぴったりとフィットするシンプルなキャップ、 指で締め付け可能なローレット加工のスクリューキャップ付きのモデル、セキュリティを強化するためにパネル取り付け用のチェーンを備えたものなど、 さまざまな設計のモデルがあります。


RJコネクタダストキャップの種類


RJコネクタダストキャップは通常、丈夫なプラスチック、 ゴム、又はポリアミド製で、 水やほこりがコネクタ内に入るのを防止します。 RJコネクタダストキャップには、主に次の2種類があります。


  • オス: オスコネクタに使用されます。 通常、中心導体用のソリッドピンがあります。
  • メス: メスコネクタに使用されます。 通常、ジャックと、オスピンを受け入れる穴開きの中心導体があります。

積載

絞り込み
並び替え
ページ
1
/
0
ページ
1
/
0