型番

アジャスターフット

調整可能な脚は、正しく機能するために垂直方向の調整が必要な構造物、 機械設備、 家具、ディスプレイスタンドなどの水平調整及び支持に使用されます。調整可能な脚には、さまざまな用途に適合するように、さまざまなベースサイズ及びねじサイズのタイプがあります。ねじサイズとベース径が大きいタイプは、サイズが小さいタイプに比べて最適な重量分散を実現します。ベースが大きいほど、水平の安定性が高まります。

RSコンポーネンツでは、軽量用途や重量用途に適した製品を幅広く取り揃えています。機械脚は総金属製で、重量アイテムに最適です。ベースの材質は、亜鉛めっきスチール、 ニッケルめっきスチール、 ステンレススチール、又は亜鉛めっきスチールから成ります。脚部の材質も、ステンレススチール、PS強化ナイロン又はゴムで製造されています。

調整可能な脚の用途

調整可能な脚は、機械設備の安定具として荷重を均等に分散するために使用されており、食品製造業、 製薬業、化粧品産業など、コンベアベルトを使用する生産環境で標準になっています。また、特殊な機械設備が機能するために高精度の位置決めとバランスレベルが必要な包装産業でも使用されています。

調整可能な脚を使用する状況

家具や機械設備を持ち上げる場合、 ねじ部が長いほど高く持ち上げて安定させることができます。

対象物を水平にする場合 - 表面が平らでない場合や起伏がある場合は、関節式脚や傾斜脚が役立ちます。

振動や騒音を低減する場合 - ゴムベースの脚が振動や騒音の低減に役立ちます。これは、ゴムが衝撃吸収性に優れているためです。

頻繁に高さを調整する必要がある場合 - ポータブルスタンド、ポータブルストールなど

調整可能な脚の種類

固定脚 - 強固なベース付き。縦方向に調整できますが、 横方向には調整できません。一般用途に適しています。

関節式脚 - 最大8度のずれを許容し、平らでない面で構造物のバランスをとるために使用されます。

傾斜脚 - ベースとねじ部の間にボールジョイントを備えており、最大20度の傾斜に適応でき、不揃いの高さを調整する用途で使用されます。

Loading...

絞り込み
並び替え
ページ
1
/
0
ページ
1
/
0