型番

クリンチングスタンドオフ

セルフクリンチングスタンドオフは多くの場合、もちあげるために耐荷重性のねじ穴を材料のシートに作る際に使用する留め具です。これは、リベットブッシュにも同様に働き、比較的弱い材料にも大きな負荷を固定することができます。


それらは事前に加工した穴に挿入されシートメタルをシャフトの溝に押し込んで所定の位置に固定します。取り付け後スタンドオフの頭部はシート内で平らになります。


セルフクリンチングスタンドオフの用途は?

;セルフクリンチングスタンドオフは基板と金属ケースなど2つのコンポーネントを分ける場合に最も一般的に使用されています。この例では2つのコンポーネントを分けることにより、電気ショートを防止できます。


セルフクリンチングスタンドオフの種類standoffs

セルフクリンチングスタンドオフの主な種類はスルーホールとブラインドホールの2つです。スルーホールスタンドオフはスルーホールが貫通していますが、ブラインドホールスタンドオフには、指定する深さでカットできる穴があります。ブラインドねじの利点は、外側のパネルに凹凸ができず閉じた状態になる点です。

ロード中

絞り込み
並び替え
ページ
1
/
0
1ページの商品数
ページ
1
/
0
1ページの商品数