検索キーワード履歴
    NV125-CV

    配線用遮断器 (MCCB)

    MCCB (成形ケース回路ブレーカ)は、電気回路を保護するように設計された電動スイッチの一種です。 通常、過負荷又は短絡で生じる過電流による損損から電気回路を保護します。

    RSでは、Siemens、 Schneider Electric、 ABB、 Eatonなどの業界をリードするブランドの高品質の機器を幅広く取り揃えています。当社の製品により、電気システムや配電のあらゆるニーズに適した信頼性の高い回路保護を実現できます。さまざまな電流定格、 電圧定格、 遮断容量の幅広い品揃えからMCCB製品を選択してください。

    動作の仕組み

    MCCBの基本的な機能は、障害発生後に電流の流れを遮断することです。 障害を解決すると、回路ブレーカを(手動又は自動で)リセットして、通常の電力供給を再開できます。

    MCBとMCCBの違い

    MCBとMCCBはどちらも回路ブレーカですが、 特定の機能に対応するために、この2種類の間には重要な違いがあります。

    この2種類の主な違いは容量です。 MCBの定格は100アンペア未満で、遮断定格は18,000アンペア未満です。したがって、 トリップ特性は、低回路に対応しているため、調整できない場合があります。

    一方、 高負荷向けの調整可能なトリップ特性に対応しているMCCBは、通常、用途に応じて最大2,500アンペア、最小10アンペア を出力します。MCCBの遮断定格は、約10,000アンペア~200,000アンペアの範囲です。

    絞り込み
    並び替え
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数