型番

配線用遮断器 (MCCB)

配線用遮断器(MCCBs)は、通常、過負荷又は短絡が発生する過電流による損傷から電気回路を保護するために設計された電気操作スイッチです。
どのように機能するのですか?
配線用遮断器(MCCBs)の基本的な機能は障害発生後に電流を中断することです。障害が解決された後は、回路ブレーカを(手動又は自動で)リセットし、通常の動作を再開します。
配線用遮断器(MCBs)又は配線用遮断器(MCCBs)
MCBsとMCCBsは両方とも回路ブレーカですが、2つの間には重要な相違点があり、それぞれが特定の作業に適しています。この2つの主な違いは容量で、MCBsは18,000アンペア未満の遮断定格で、100アンペア未満の定格です。したがって低回路に対応するため、トリップ特性を調整することができません。一方、MCCBsは、より高い負荷に合わせて調整可能なトリップ特性を備えています。通常、MCCBsは用途に応じて最大2500アンペア、最小10アンペアが利用できます。MCCBsの遮断定格の範囲は約10,000 → 200,000アンペアです。

Loading...

絞り込み
並び替え
ページ
1
/
0
ページ
1
/
0