型番

巻尺

巻尺は、全長にわたって目盛りが付けられている細長い尺です。この計測では多くの場合、メートル法(cmとm)とヤードポンド法(インチとフィート)の両方を単位として使用できます。ほとんどの巻尺には柔軟性があるため、曲線に沿って計測できます。又、巻き上げて容易に持ち運べるようになっています。最も一般的には、コーティングされたフレキシブルなスチールストリップ製で、正確な測定のためにさらに柔軟性が必要な場合はプラスチックかファブリックが使用されます。



利用できるさまざまなタイプや各種用途の詳細については、当社の「巻き尺ガイド」を参照してください。



巻尺の種類:


木工作業や建設業で使用される巻尺は、一般的に湾曲して張りがある金属テープを素材としています。これは、長く伸ばしたときに、真っ直ぐ張りがある状態を保てるようにするためです。巻尺にはさまざまな幅があり、広い巻尺には長い距離での剛性があり、単独で作業するときに楽に使用できます。収納に便利なように、また損傷を避けるため、巻尺は、コイル状に巻き取ることができます。柔らかい巻尺は、仕立てや裁縫向けです。「裁縫用巻尺」とも呼ばれるこの製品は、裂けたり伸びたりしないガラス繊維製で、通常は巻き込み式ケースに収納されません。

ロード中

絞り込み
並び替え
ページ
1
/
0
1ページの商品数
ページ
1
/
0
1ページの商品数