型番
電子部品、電源、コネクタ
電気、制御部品、ケーブル
機械製品、工具
IT、テスト、安全機器

巻尺

巻尺は、目盛が付けられた帯を用いて長さを測定する道具です。メジャー、スケール、コンベックスなどとも呼ばれます。この計測では多くの場合、メートル法(cmとm)が単位として使われていますが、ヤードポンド法(インチとフィート)を単位として使用する場合もあります。帯の材質は金属、樹脂、布などがあります。ほとんどの巻尺には柔軟性があるため、曲線に沿って計測でき、巻き上げて容易に持ち運べるようになっています。建築作業や洋裁のほか、大型の巻尺は陸上競技での計測などにも用いられており、長さの測定に幅広く用いられています。


巻尺は、テープの長さ・幅・材質や本体の機能などによってさまざまな種類があります。巻尺を選ぶときは、以下のポイントを考慮する必要があります。


  • 使用場所・用途

  • 長さ(10m、20m、30m、50m、100mなどのサイズ)

  • テープ(帯)の材質

  • 等倍巻き・早巻きタイプ

  • 両面目盛り

ロード中

絞り込み
並び替え
ページ
1
/
0
1ページの商品数
ページ
1
/
0
1ページの商品数