検索キーワード履歴

    パイプベンダー

    菅曲げ機は、さまざまなパイプの曲げや成形のために、配管業で広く使用されており、さまざまな用途や取り付け場所に適しています。菅曲げ機には、特定のパイプの寸法に合わせたさまざまなサイズ、 そして銅、スチールなどの素材があります。すべての菅曲げ機がすべてのパイプに対応できるとは限りません。 このため、菅曲げ機の購入及び使用時には、処理するパイプ又はチューブの外径(mm又はインチ)を確認することが重要です。


    菅曲げ機は、どのような仕組みですか?


    管 / チューブ曲げ機は、通常、フォーマ (シューとも呼ばれています)のガイドを制御する2つのハンドルを備えています。曲げるパイプのサイズによって 加える力も変わりますが、ハンドルアームを長くするほど、きれいな屈曲をより少ない力で実現できます。一部の菅曲げ機は、さまざまなパイプサイズに対応できるように、交換可能なシューが付属していますが、 特定のパイプサイズに固定されているものもあります。


    パイプやチューブを曲げる場合には、 曲げるパイプのサイズに応じて適切なシューを用意すると、きれいで滑らかな曲がりを保証できます。又、パイプがゆがんで破損することもなくなります。 一部の菅曲げ機は、 銅などの特定の素材を対象に設計され、 また、多くの製品はベンチバイスと互換性があり、よりヘビーデューティな屈曲が必要な場合にも対応できます。


    4.75 mmから、 25 mmの範囲の チューブをお探しの場合、 RS コンポーネンツでは、当社が提供している高品質で信頼性の高いパイプベンダーの製品を取り揃えています。

    絞り込み
    並び替え
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数