型番

アルミ電解コンデンサ

アルミ電解コンデンサは、低コストで入手性にも優れた大容量コンデンサの定番です。よく知られるように、コンデンサの静電容量は、対向する電極の面積と電極間に挟まれる誘電体の比誘電率に比例し、誘電体の厚さ(電極間の距離)に反比例します。

アルミ電解コンデンサでは、誘電体として酸化アルミニウムが使われます。この酸化膜は耐圧が高く実質的な厚みを極めて薄くできるうえ、箔表面をエッチングすることにより実効面積を見かけ上の面積を数十~数百倍にすることが可能です。これにより、大きな静電容量を実現することができます。ただしこの場合、酸化皮膜には整流性があるため、アルミ電解コンデンサは(電極にプラス・マイナスがある)有極性コンデンサとなります。

アルミ電解コンデンサに関する詳しい情報はアルミ電解コンデンサ ガイドをご覧ください。

なお、アルミ電解コンデンサのカテゴリを見ている人は以下のキーワードでも検索しています。

Loading

Filters
Sort By
Displaying Page
1
of
0
Displaying Page
1
of
0