検索キーワード履歴
    RDER71H104K0K1H03B

    積層セラミックコンデンサ(MLCC)

    積層セラミックコンデンサ(MLCC)は、特別に設計されたコンデンサで、「積層」構造になるように設計されています。この構造には、セラミック素材と金属導体の層が含まれています。 セラミック層がコンデンサを絶縁して、 熱損失を低減し、製品の効率を向上させます。積層コンデンサは高い熱安定性、 高リップル電流性能、極めて低いESR (等価直列抵抗)及びESL (等価直列インダクタンス)により、さまざまな用途に最適な製品となっています。

    MLCCには、0402、 0805、 1206などの標準パッケージサイズがあります。国際的に認知されているパッケージサイズで、業界で一般的に使用されています。MLCCチップの静電容量は、誘電体、 サイズ、必要な電圧によって異なります。車載グレード(AEC-Q200)の製品もあります。

    RSコンポーネンツでは、お客様のあらゆるニーズを満たせるように、積層セラミックコンデンサを非常に幅広く取り揃えています。当社が提供するMLCC製品には、 KEMET、 AVX、 Murata TDK、Vishayなど、定評のあるブランドのものを用意しています。さらに、自社ブランドRS ProのMLCCも在庫しており、広範な製品の幅をさらに広げています。

    MLCCコンデンサの用途

    MLCCは、一般的でありながら実効特性に優れたタイプのコンデンサです。 さまざまな用途、 たとえば、ロボット部品、 医療機器、 車載部品などで使用されています。セラミック材料の種類によって、電気的な挙動が変わり、用途も変わります。

    MLCCコンデンサの種類

    積層セラミックコンデンサの主なタイプには、 クラス1とクラス2があります。

    クラス1 MLCCは非常に安定性があり、 正確で低損失であることが知られています。最も信頼性の高い電圧、 温度、 周波数を実現しています。クラス1コンデンサは、一般に、無線機などの共振回路に使用されます。

    クラス2 MLCCは、体積効率に優れた高誘電率の誘電体を備えています。ただし、 クラス1コンデンサよりも精度と安定性が低く、バイパス、 カップリング、デカップリングの用途、 又は周波数識別回路に適しています。

    使用対象

    • 電源
    • DC / DCコンバータ
    • 電気通信
    • 医療機器
    • スイッチモード電源
    • 車載用途
    絞り込み
    並び替え
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数
    人気検索キーワード