型番
電子部品、電源、コネクタ
電気、制御部品、ケーブル
機械製品、工具
IT、テスト、安全機器

可変コンデンサ

トリマーコンデンサは、コンデンサ静電容量(電荷蓄積能力)を容易に調整できるタイプのコンデンサ(回路で電荷を蓄積するデバイス)です。周波数を設定するために(たとえば、無線を調整する場合など)、LC回路(インダクタとコンデンサを備えた回路)でよく使用されます。 


トリマーコンデンサはどのように機能しますか?

トリマーコンデンサは、発振器の周波数値、立ち上がり時間及び立ち下がり時間、及び回路内の他の変数を初期設定する目的で使用されます。値が時間の経過と共に変動すると、トリマーコンデンサは機器を再較正できます。 


トリマーコンデンサは、ほとんどの場合、PCB (基板)に直接取り付けられ、小型ドライバを使用して設定されます。トリマーコンデンサは、通常、フルサイズの可変コンデンサよりも安価です。 


トリマーコンデンサは、どのような用途に使用されますか?

一般的な用途としては、発振器、チューナ、水晶発振器、フィルタなどがあります。トリマーコンデンサは、モバイル無線機や航空宇宙用トランスミッタなどの通信機器にも使用できます。 

ロード中

絞り込み
並び替え
ページ
1
/
0
1ページの商品数
ページ
1
/
0
1ページの商品数