型番

セラミック発振子

セラミック発振子は固有の周波数で発振する電子部品で、圧電性セラミック(チタン酸ジルコン酸鉛等)の機械的共振を利用したものです。電圧を加えると圧電効果により変形が生じ、固有の周波数で共振が起きます。この共振周波数は振動モードとセラミック基材のサイズで決定します。水晶振動子よりも小型で安価です。


パッケージ 表面実装型・挿入実装型があります。基本は2端子型ですが、主流は負荷コンデンサを2つ内蔵した3端子型で、3本目の端子はGNDに接続します。


振動モードの種類



  • 長さ振動:長方形の板の長さが伸縮します

  • 拡がり振動:正方形や円形の板の面内方向に伸縮します

  • 厚み滑り振動:長方形の板の両面が互いにずれます

  • 厚み縦振動:板の厚み方向に伸縮します


セラミック発振子のカテゴリを見ている人は以下のキーワードでも検索しています。


セラロック

Loading

Filters
Sort By
Displaying Page
1
of
0
Displaying Page
1
of
0
Popular Searches