検索キーワード履歴

    RCネットワークコンデンサ

    RC回路・RCネットワークコンデンサとは?

    RCネットワークは、直列-並列の組み合わせで構成された抵抗器とコンデンサからなる電気回路であり、電圧または電流によって駆動されます。RC回路やRCフィルタとも呼ばれます。RCは、Resistor-Capacitor(抵抗器-コンデンサ)の略称です。RCネットワークコンデンサは、金属蒸着紙(アルミニウムなどの金属層が施された特殊紙)を絶縁体として使用するコンデンサの一種です。

    RC回路の仕組み

    RCネットワークコンデンサは、2枚の金属板とその間の誘電体(絶縁体)から構成されています。2枚の金属板に電圧を印加すると、電界が発生します。一方の金属板には正の電荷が集まり、もう一方の金属板には負の電荷が集まります。コンデンサはこの電荷を蓄え、放出します。

    RC回路の用途

    RCネットワークは、主に電子機器や電子回路で使用され、直流(DC)および交流(AC)のアプリケーションに適しています。RC回路は、柔軟なフィルタオプション、ノイズ除去、電力貯蔵、および検出機能を提供し、回路設計に不可欠なさまざまなアプリケーションに利用されます。RC回路は、通常、計測器無線通信モジュール、医療機器、センサなどに使用されます。

    RC回路の特長

    • 自己回復特性 - 過電圧が頻繁に印加されても長寿命を保証します。
    • 金属蒸着紙を絶縁体として使用 - 特に連続稼働用途において安定性と信頼性を確保します。
    絞り込み
    並び替え
    1 1
    ページあたりの結果数