インダクタ

インダクタは、コンデンサに似た受動部品の一種で、磁力に対処して磁束を制御する設計です。

インダクタはコイル、チョーク、又はリアクタとも呼ばれ、電流の変化率に対する電圧の比率であるインダクタンスによって特性が示されます。無線機で、ACをブロックしてDCを許可するために一般的に使用されます。この受動部品の日常的な使用例としては、ラップトップの電源ケーブルのフェライトビーズがあり、電気ノイズを低減する設計です。

インダクタは、通常、高絶縁体特性のあるコア素材の周りにコイルを形成するワイヤ長を指します。しかし、インダクタは、中央に絶縁材を持つ単なるワイヤコイルではなく、実際の用途では、インダクタは回路の主要なコンポーネントです。

当社では数種類のインダクタを取り扱っています。

  • 巻線チップインダクタ - 通常、磁気コンポーネントに巻き付けられたワイヤコイル
  • リードインダクタ - 2つの大きなカテゴリーに分類され、低電圧及び高電圧の状況で使用されます。
  • 多層表面実装インダクタ - インダクタの周りに複数のワイヤ層が巻き付けられたスタイルのコイルで、インダクタンスレベルを高めるために絶縁層が追加されています。

また、EMIやRFI用のインダクタ部品や、様々なワイヤレス充電コイルも取り扱っています。ワイヤレス充電コイルは、DC-DC電流用で、誘導充電に使用されます。ワイヤレス充電器では常に、誘導コンポーネントが使用されます。