検索キーワード履歴

    安全ゴーグル

    安全ゴーグル
    危険区域で危険性がある場合の目の保護は、1992年職場における個人用保護具規則の規則4の要件となっています。雇用者は、健康上のリスクにさらされる可能性のある個人に対して、適切に保護できる保護メガネ / ヘルメット / 耳栓を用意する必要があります。
    ゴーグル又は安全メガネは目の周囲を保護するためにメガネ型になっています。水、ほこり、粒子、まぶしい光、飛散した破片、薬品の飛沫、煙、及び腐食液から目を保護します。次のようなさまざまな産業用途の安全メガネがあります。
    • 化学実験室及び研究室
    • 木工業
    • はんだ付け / 溶接の作業場
    • 航空機産業
    • 建設及び建築現場

    直接通気式、間接換気式、非通気式安全メガネなど、さまざまな種類のゴーグルがあります。

    直接通気式 - 空気がゴーグルに直接流入します。衝撃の危険があっても、飛沫や蒸発の危険がない場合は、直接通気式ゴーグルを適切なレベルの保護具として使用することができます。
    間接通気式 - 通気口にフード又はカバーが付いているため、飛沫の侵入を防ぐことができます。ゴーグルの通気部分は、ゴーグルの外部から直接内部に直線的に侵入しないようになっています。間接通気の目的は、液体の飛沫がゴーグルに侵入することを制限又は防止することです。化学薬品の飛沫が危険な場合には、間接通気式ゴーグルを適切な保護具として選択する必要があります。
    非通気式安全メガネは、通気機能をまったく備えておらず、ほこり、霧、液体、蒸気が侵入しないようになっています。
    .
    レンズ
    レンズは、ガラス、プラスチック、アセテート、ポリカーボネートなどさまざまな素材のものがあります。ポリカーボネート製のレンズは、衝撃に対して最高レベルの保護を実現します。また、UV保護、傷防止、曇り止め、着色レンズ、又はクリアレンズなどもあります。度付きメガネはこれらのゴーグルの下に装着できます。
    絞り込み
    並び替え
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数