型番

ボルテックスチューブ

空圧ボルテックスチューブは、 Ranque-Hilschボルテックスチューブとも呼ばれ、 電子機器産業や機械加工産業で、電気キャビネットなどの電子機器に安価な冷気を 供給するため、あるいは 機械加工装置やその他の機器を冷却するために使用されています。ボルテックスチューブは、圧縮空気を冷気の流れに変換することでこの冷気を供給し、 その温度は−50 ° C (-58 ° F) もの低温に達します。チューブ内のプロセスにより、 ボルテックスチューブの反対側の端は熱気を出し、その温度はモデルにより、最高200 ° C (392 ° F )に 達します。ボルテックスチューブには、電流や追加クーラントは必要ありません。

ボルテックスチューブの仕組み

ボルテックスチューブは、可動部分を使用せずに、工場の圧縮空気を、熱気と冷気の2つの流れに変換します。圧縮空気をスワールチャンバに送り込むと、チューブ内で気流の渦が発生し、 気流が急激に速度を増してチューブ内で高速回転し、温度が上昇します。チューブの一方の端にある円錐形ノズルは、外側で回転する気流のみを非常に高温の熱気として逃がします。 残りの気流は内部の渦に戻され、 反対側に戻るまでに急速に冷却され、 非常に冷たい気流として排出されます。

ボルテックスチューブの用途

エア圧ボルテックスチューブは、圧縮空気のみを必要とするため、 機械加工産業や電子機器産業で使用される安価な冷却方法となっています。 特に圧縮空気は、通常、機械加工工場や工具加工工場で既に使用されています。工具やエンクロージャの冷却方法としてもっとも効率的な方法ではありませんが、 ボルテックスチューブは、液体クーラント(取り扱いが厄介で、 高価で環境的に有害)の 必要性を排除します。

ボルテックスチューブは、多くの場合、電子キャビネットやエンクロージャの上部に配置され、 冷気をキャビネットに流し、電子部品から発生した暖気を排出し、 過熱を防止します。 機械加工では、 エア圧ボルテックスチューブは切断工具の冷却に使用されます。 例えば、手動やCNC操作機械の旋盤やミルなどです。冷気の噴射によって工具が冷却されるだけでなく、工具によって発生する破片が除去されます。

ロード中

絞り込み
並び替え
ページ
1
/
0
1ページの商品数
ページ
1
/
0
1ページの商品数