型番

フィルタレギュレータ潤滑装置

フィルタレギュレータルブリケータは、 FRLとも呼ばれ、 空圧用途でクリーンなエアフローを提供するように設計されています。空圧レギュレータと、 エアフィルタ及びルブリケータで構成されます。これらの部品が連携してシステムの性能を最適化し、汚染によるダウンタイムを防止します。

FRLの仕組み


フィルタレギュレータルブリケータには、3つの主要コンポーネントがあり、さまざまな機能を提供します。

  • フィルタ: エアラインフィルタは基本的に、通過する空気をクリーニングし、不純物を除去し、空気をあらゆる固体や液体から分離します。したがって、空気から、埃、 汚れ、 水又は油が取り除かれます。エアラインフィルタは、空気が接触する最初の装置です。オイル除去、 液体 / 蒸気除去のための専用フィルタ及び汎用フィルタがあります。
  • レギュレータ: 圧力レギュレータは、 PRVとも呼ばれ、 フィルタに続き、システム内の液圧を制御します。これにより、エアツール、 エアベアリング及びシリンダで使用される出力圧が制御されます。レギュレータは、ダイヤフラムを通じて機能するスプリングを利用します。
  • ルブリケータ: ルブリケータは、圧縮空気システムにオイルを加えるために使用されます。このオイルにより、コンポーネントの動きを容易にし、摩擦による損傷を防止します。ほとんどの空圧機器は、寿命を最適化するために潤滑が必要です。ルブリケータには、主にオイルフォグとマイクロフォグの2つのタイプがあります。

ロード中

絞り込み
並び替え
ページ
1
/
0
1ページの商品数
ページ
1
/
0
1ページの商品数