型番
電子部品、電源、コネクタ
電気、制御部品、ケーブル
機械製品、工具
IT、テスト、安全機器

バイポーラトランジスタ

バイポーラトランジスタは、トランジスタの一種で、N型とP型の半導体がP-N-PまたはN-P-Nの接合構造を持つ3端子の半導体素子です。バイポーラトランジスタは、電流を増幅するように設計され、 スイッチング素子としても使われています。

バイポーラトランジスタの動作

バイポーラトランジスタには、スイッチングと増幅という2つの機能があります。このデバイスは、ドープ半導体材料が3層になっているため、トランジスタに信号電圧を供給することで、ディスクリート部品を絶縁体又は導体として機能させることができます。この巧みな変更により、トランジスタは、電子機器のスイッチング(デジタル)及び増幅(アナログ)という2つの基本的な機能を実現します。

バイポーラトランジスタの用途

トランジスタは、電子設計や電子回路で最も幅広く使用されているディスクリート部品の1つです。トランジスタを使用すると、IC (集積回路)ではなく個別部品で構成された回路において、あらゆるタイプの電気信号を増幅できます。

ロード中

絞り込み
並び替え
ページ
1
/
0
1ページの商品数
ページ
1
/
0
1ページの商品数