型番

バイポーラトランジスタ

バイポーラトランジスタは、ソリッドステート 3ピンデバイスで、3層のシリコンで作られています。バイポーラトランジスタは、電流を増幅するように設計されており、 スイッチとして機能させることもできます。トランジスタには主に PNP (正-負-正)又はNPN (負-正-負)の2種類があります。

バイポーラトランジスタの作製方法

バイポーラトランジスタは、2つの信号ダイオードのバックツーバック結合によって、直列接続の2つのPN接合を形成し、 共通のP端子又はN端子を共有しています。性質上、 通常はシリコンの導電性は良くありません。ただし、 特定の化学薬品や不純物でシリコンを処理すると、材料と電子が違った動作になります。このプロセスをドーピングといいます。ドーピングプロセスにより、半導体の導電能力が改善されます。

バイポーラトランジスタの動作

バイポーラトランジスタには、 スイッチング 及び増幅という2つの機能があります。このデバイスは、ドープ半導体材料が3層になっているため、 トランジスタに信号電圧を供給することで、ディスクリート部品を絶縁体又は導体として機能させることができます。この巧みな変更により、トランジスタは、 電子機器のスイッチング(デジタル)及び電子機器の増幅(アナログ)という2つの基本的な機能を実現します。

トランジスタは、パネル内で使用でき、 プラスチックパッケージ又は金属容器に収められており、表面実装タイプとスルーホール実装タイプがあります。いずれも3つの端子又はピン、 ベース、 コレクタ、 エミッタを備えています。

また、次のような種類もあります。

  • デジタルトランジスタ - 半導体材料、 通常はシリコンで作られています。 シリコンは、電流(電気)を通し、抵抗がほとんどありません。また、外部回路に簡単に接続できるように、多くは3つ以上の端子を備えています。
  • UJTトランジスタ - 低濃度ドープN型シリコンバーで構成され、片側に高濃度ドープP型材料の小片が結合されています。シリコンバーは低濃度ドープのため、抵抗が非常に高くなっています。

バイポーラトランジスタの用途

トランジスタは、電子設計や電子回路で最も幅広く使用されているディスクリート部品の1つです。トランジスタを使用すると、IC (集積回路)ではなく個別部品で構成された回路において、あらゆるタイプの電気信号を増幅できます。

ロード中

絞り込み
並び替え
ページ
1
/
0
1ページの商品数
ページ
1
/
0
1ページの商品数