検索キーワード履歴

    JFET

    JFETは、Junction Field-Effect Transistor (接合型電界効果トランジスタ)の略です。高入力インピーダンス、低ノイズが特長となり低ノイズ増幅器回路、インピーダンス変換などに使用されています。


    JFETの仕組み


    電荷を集めるソース、電圧印加によって制御を行うゲート、電荷を出力するドレイン、三つの端子を持つJFETには、NチャンネルとPチャンネルの2種類があります。


    • Nチャンネル型‐Nチャネル型JFETは、n型半導体をベースに、p型半導体をゲートに用いたJFETです。ゲートに電圧印加をしない状態でドレイン・ソース間に電流が流れ、ゲートにマイナス電圧を印加するとオフ状態となります。

    • Pチャンネル型‐Pチャネル型JFETはNチャネル型と逆で、p型半導体をベースに、n型半導体をゲートに用いたJFETです。ゲートに電圧印加をしない状態でオンになり、プラス電圧を印加するとオフ状態となります。
    絞り込み
    並び替え
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数