検索キーワード履歴

    パリティジェネレータ・チェッカ

    パリティジェネレータ/チェッカは、パリティチェック方式を用いた半導体製品です。パリティとは、データの伝送や記録の際に生じる誤りを検知する符号の一つで、ビット列中に含まれる「1」の数が偶数か奇数かを表すものです。パリティビットを利用した誤り検出方式は「パリティチェック」と呼ばれています。パリティチェックは、シリアル通信やメモリーの誤り検出方法として一般的に使用されています。


    パリティチェックの原理


    パリティチェックでは、データをあらかじめ一定の幅で区切り、その範囲における「1」のデータの偶奇を調べます。送信機は送信データの1の数を数えて、1の数が偶数ならパリティビットを0、1の数が奇数ならパリティビットを1にセットします。これを偶数パリティと呼びます。これとは逆に、送信機が送信データの1の数を数えて、1の数が偶数ならパリティビットを1、1の数が奇数ならパリティビットを0にセットするものを奇数パリティと呼びます。もし送受信データから算出したパリティビットの値が一致しないと、転送中に誤りが生じていることが分かります。


    パリティジェネレータ/チェッカの用途


    • データ転送やコンピューターシステムのエラー検出

    • 通信と記憶装置の誤り検出

    • RAIDでの冗長性確保 
    絞り込み
    並び替え
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数