型番

バッテリマネージメント

バッテリ管理デバイスは、バッテリ駆動用途と組み合わせて使用するように設計されています。電子回路にバッテリ管理ICを追加することで、効率性と信頼性がより高い設計を実現でき、長寿命が実現します。バッテリ管理を使用すると、充電時間を短縮し、 同時に充電を安全に行い、スタンバイ電力を低く抑えることができます。電子システムが複雑になるにつれて、 バッテリ管理ICと電源管理ICによるサポートが不可欠になります。

バッテリ管理は、機器に応じた各種バッテリに対して使用できます。 このようなバッテリタイプには、鉛酸、 リチウムイオン、 リチウム-ポリメント、 ニッケルカドミウム、ニッケル水素などがあります。

バッテリ管理ICの種類

  • バッテリ充電器は、バッテリを低温のまま短時間で充電できるように設計されています。充電器は、充電式バッテリパックで動作します。
  • バッテリ残量計は、バッテリの充電に関する情報がわかります。残量計は、使用可能な充電量と健全性に関する情報を示します。
  • バッテリモニタ(又はバッテリバックアップマネージャ)は、バッテリの性能を監視及び管理します。この機器は電圧、 電流、温度を監視し、電池の損傷を防止します。バッテリバックアップマネージャは、停電時にバッテリからバックアップ電力を供給します。

バッテリ管理ICの用途

このデバイスは、 ポータブル機器やウェアラブル機器など、充電式バッテリ電源を使用するほとんどのシステムで使用されています。主な用途:

  • スマートフォン
  • ラップトップ
  • タブレット
  • カメラ
  • バッテリ駆動工具
  • 電気自動車
  • ソーラーパネル
  • オートメーション

BMSとは

BMSは、Battery Management System (バッテリ管理システム)の略です。充電式バッテリを監視して保護する電子回路です。バッテリ管理システムは、充電コントローラ、 ゲージ、サージプロテクタなどのデバイスを搭載しており、 バッテリの動作が性能の範囲を超えないようにします。そのため、BMSは保護機能を備え、バッテリの潜在的な寿命を延ばします。

ロード中

絞り込み
並び替え
ページ
1
/
0
1ページの商品数
ページ
1
/
0
1ページの商品数